ツルハドラッグの薬剤師の採用基準は?

ツルハドラッグの転職TOP >> ツルハドラッグの薬剤師FAQ >> 採用基準

ツルハドラッグの薬剤師の採用基準は?

ツルハドラッグの薬剤師の採用基準についてですが、たとえば求める人物像は「接客がうまい方」となります。ドラッグストアで働く以上、接客は必ずしなければならないので、人とコミュニケーションを取るのが好きだったり、来店したお客が好感をもつような態度・笑顔ができたりする方が、ツルハドラッグの薬剤師に採用されやすくなります。

接客がうまくできるかどうかは特に面接の時に見られます。面接で面接官とうまくコミュニケーションがとれれば、接客も問題なくできるだろうと判断できるからです。といっても、面接の時は緊張して普段通りに話せないというケースもあるでしょう。しかし、ツルハドラッグの薬剤師の採用面接は堅苦しいものではないと求人情報に書いてあるので、まだ安心できるかもしれません。

それからもし採用されたとしたら、接客技術やツルハドラッグで扱っている商品に関する知識を身につけていく必要があります。そのため、そういったスキルを積極的に習得していける向上心の高い人の方が採用されやすいです。

特にツルハドラッグはOTC医薬品や健康食品、サプリメントといった各種商品も店に置いています。OTC医薬品というのは「一般用医薬品」、「要指導医薬品」に分類される医薬品のことで、処方箋なしで店で買える特徴があります。健康食品、サプリメントに関してはそもそも医薬品ではないので、当然誰でも気軽に買えます。

ツルハドラッグの薬剤師に採用された場合、これだけ幅広い商品の知識を身につけ、お客に適切な説明ができるようにならなければならないので、スタッフの向上心が重視されるのは当然です。

ただツルハドラッグは研修制度が充実している分、最初から高いスキルをもっていなくても、研修で必要な能力を伸ばしていければ問題ありません。そのため、採用選考では研修で学んだことを役立てられそうな人間かどうかも見られるでしょう。

ツルハドラッグの薬剤師の応募資格についてですが、基本的に経験は不問です。そのため、初めて薬剤師として働く人、また調剤部門もしくはOTC部門で働くのが初めての人でも応募自体は問題なくできます。

ただし、正社員、契約社員、パート・アルバイトに限らず薬剤師免許は必要です。また新卒採用の場合は大学の薬学部に所属していて卒業予定、薬剤師免許取得予定のある学生でなければ応募できません。応募資格を満たしていなければ書類選考の時点で落とされることになるので、気をつけてください。

ツルハドラッグ薬局の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 ツルハドラッグ薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.