ツルハドラッグの薬剤師の離職率は?

ツルハドラッグの転職TOP >> ツルハドラッグの薬剤師FAQ >> 離職率

ツルハドラッグの薬剤師の離職率は?

ツルハドラッグの薬剤師は雇用人数が多い分、離職の絶対数は多いですが、離職率に関してはそこまで高くありません。ツルハドラッグが働きやすい職場を提供しているからこそ離職率は低く抑えられているのでしょう。

特にツルハドラッグは女性薬剤師からの人気が高いドラッグストアです。なぜ人気が高いかというと、女性に嬉しい福利厚生が充実しているからです。たとえば、育児支援制度、介護支援制度が挙げられます。育児支援制度は育児をしている薬剤師が短時間勤務に切り替えられる制度、介護支援制度は介護をしている薬剤師が短時間勤務に切り替えられる制度です。

こういった社員支援制度がない場合、女性薬剤師は結婚・出産・介護を機会に離職する可能性が高くなります。そして一旦離職してしまえば、子育てや介護が一区切りつくまで復職することはなく、子育てや介護が済んだとしても「今更戻るのも憚られる」という理由から離職したままということもありえます。ツルハドラッグの育児・介護支援制度を利用すれば、通常の8時間のフルタイム勤務から6時間の勤務で済むようになるので、育児・介護をする薬剤師の負担が減り、結果的に離職も減るわけです。

それから社員割引も女性薬剤師からの人気が高い福利厚生です。ドラッグストアには医薬品はもちろん、日用品や化粧品、健康食品といった商品ラインナップもあるので、これらを社員割引で安く買えるのはかなりお得です。特にツルハドラッグは出店数が多い分、近くにあれば買い物しやすいですし、社員割引のメリットも大きくなります。

また一般的に薬剤師を離職する理由で多いのは「最初は給与が良かったけど、思ったよりも昇給しなかったから」というものです。しかし、ツルハドラッグは昇給の可能性が大きく広がっている会社なので、実力さえあれば昇給が理由で離職することにはならないはずです。

ただし、正社員・契約社員の薬剤師は比較的忙しい傾向にあります。新店舗の出店ペースが早いだけに職場の人手が足りない可能性が高いですし、店舗によっては夜遅くまで営業しているため、残業で帰りが遅くなることは覚悟しなければならないでしょう。実際に忙しいことを理由にツルハドラッグを離職する薬剤師も多いはずです。

パート・アルバイトの薬剤師も残業の可能性はありますが、当然正社員・契約社員と比べれば早く帰ることができます。そのため、勤務時間を少なくしてプライベートを充実させたければ、パート・アルバイトの求人を選ぶのもひとつの手段です。

ツルハドラッグ薬局の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 ツルハドラッグ薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.