ツルハドラッグの薬剤師の福利厚生は?

ツルハドラッグの転職TOP >> ツルハドラッグの薬剤師FAQ >> 福利厚生

ツルハドラッグの薬剤師の福利厚生は?

ツルハドラッグの薬剤師の福利厚生には様々なものがあります。たとえば社員買物割引制度があります。ツルハドラッグはドラッグストアであり、市販薬や健康食品、サプリメント、その他にも化粧品や日用品といったものが売られているので、それらの社員割引が可能です。特に化粧品や日用品に関しては誰もが必要な商品なので、社員が買い物をするケースも多いでしょう。

それから社員の生活をサポートする育児支援、介護支援、LTD制度があります。育児支援は育児休業後に復帰した際、勤務時間を少なく(通常8時間のところ6時間に)できる制度です。子供が小学校3年生を終えるまでこの制度は利用し続けられます。またツルハホールディングスは札幌市に保育園を設立することで、社員が子育てしやすくなるような環境づくりに取り組んだりもしています。

介護支援は、家族を介護しなければならなくなった社員の勤務時間を少なくできる制度です。育児支援と同様、通常8時間のところ6時間になるので、その分、介護に時間を回せるようになります。特に近年は高齢社会の到来で、社員が長く会社で働くにはこういった制度がなくてはならない、とツルハドラッグは考えているのです。

LTD制度とは何かというと、傷病によって退職や長期休業せざるを得なくなった時に、60歳まで給与分の補償額が支給され続ける保険制度です。補償額は生活に応じて選べるので、ツルハドラッグに勤めている間に何かあっても本人・家族が暮らしていくことができます。

ツルハドラッグの薬剤師はもちろん危険な仕事というわけではありません。ドラッグストアでこういった保険制度を導入しているのは珍しいことですが、万が一ということを考えれば、保険があった方が安心です。

上記以外では認定薬剤師単位取得支援制度というものがあります。認定薬剤師は薬剤師の関連資格のひとつであり、研修を受けることで単位を取得し、認定を受ける仕組みです。研修は普段の薬剤師としての仕事とは別に行わなければならないので、社員の負担を減らすためにこのような支援制度があるのでしょう。

もちろんツルハドラッグは自社の研修制度も充実しているので、そちらの方でもキャリアアップには困りません。

それから積み立て制度として財形貯蓄、確定拠出年金、有給休暇積立制度があり、社員の生活を幅広い観点からサポートします。他にも一般的な福利厚生として従業員持株会やストックオプション、クラブ活動といったものがあります。

ツルハドラッグ薬局の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 ツルハドラッグ薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.