ツルハドラッグの薬剤師の仕事内容は?

ツルハドラッグの転職TOP >> ツルハドラッグの薬剤師FAQ >> 仕事内容

ツルハドラッグの薬剤師の仕事内容は?

ツルハドラッグの薬剤師の仕事内容は調剤薬剤師とOTC薬剤師の2種類です。調剤薬剤師では調剤、薬歴管理、服薬指導の仕事があります。 まず調剤業務ですが、これは処方箋に従った薬剤を患者に提供する仕事です。調剤薬剤師は患者から受け取る処方箋を見て、書類に不備がないかを確かめます。

同時に患者の保険内容やお薬手帳を提示してもらい、薬歴を確認します。ここではすでに患者が服用している薬の名前、用量、服用期間を見ることになります。それらを参考にこれから提供する薬剤を患者が服用しても問題がないかどうかを判断するのです。 たとえば薬剤の成分が重複していたり、飲み合わせの相性がよくなかったり、副作用・アレルギーが起こるリスクが高かったり、患者がまだ同じ薬を多量に持っていたりすれば、薬剤の提供に問題があることになります。不明点や問題点がある場合は、処方箋を発行した医師に問い合わせて調整するのも調剤薬剤師の仕事です。以上が薬歴管理業務となります。

問題がなければ調剤業務を行いますが、その際、ただ薬剤を患者に渡すのではなく、薬剤の説明を行ってから渡します。これが服薬指導業務です。指導では調剤薬剤師が一方的に説明するだけで済ませないように気を付ける必要があります。というのも、適切にコミュニケーションを取り、患者の薬剤に対する不安を払い、理解を得ることが服薬指導の本来の目的だからです。 薬は使いようによっては患者の健康がよくなるどころか、悪くなることもあります。それだけに患者との信頼関係を築くことはツルハドラッグでも重視される仕事といえるでしょう。

もうひとつのOTC薬剤師の方は、調剤薬剤師とは扱う医薬品が異なります。調剤薬剤師は医師が処方する「医療用医薬品」を扱いますが、OTC薬剤師は「要指導医薬品」や「一般用医薬品」を扱います。「要指導医薬品」や「一般用医薬品」というのは処方箋がなくても患者が自分の判断で自由に買える医薬品のことです。これらの医薬品のことはまとめて「OTC医薬品」と呼ばれます。 ツルハドラッグではこのOTC医薬品やそもそも医薬品ではない健康食品なども販売しています。それらを求める客が適切な商品を選べるようにカウンセリングするのがOTC薬剤師の仕事内容です。

OTC薬剤師は調剤薬剤師と比べると「お店のスタッフ」という側面が強くなるため、接客技術など売上に貢献する能力がある方が重宝され、出世も早くなります。

ツルハドラッグ薬局の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 ツルハドラッグ薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.