ツルハドラッグ薬剤師転職ガイド

ツルハドラッグ薬局で薬剤師として働くには

ドラッグストアの中でもとりわけ薬剤師からに人気が高いツルハドラッグ薬局。これから薬剤師として転職しようと考えるなら、やはり転職エージェントの存在は欠かせないでしょう。

薬剤師専門の転職エージェントならリクナビ薬剤師がおすすめです。豊富な求人案件の中からあなたにぴったりの転職先をピックアップしてくれて、履歴書などの必要書類の作成もサポートしてくれます。もちろんツルハドラッグ薬局の求人もカバーしています。

ツルハドラッグ薬局の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクナビ薬剤師は人材サービス大手であるリクルートが運営しているという安心感があるので、ツルハドラッグの薬剤師求人を探すのにもぴったりです。それから薬剤師専任のキャリアアドバイザーのサポートが受けられること、最短3日のスピード転職が可能なことも大きな特徴です。キャリアアドバイザーのサポートでは求職者の希望や疑問を丁寧にヒアリングしてくれます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ファルマスタッフは求職中の薬剤師と顔を合わせてサポートすることを重視しており、求職者がどのような人なのかの理解に努めます。それから優良派遣事業者認定、職業紹介優良事業者認定を取得している点も魅力で、派遣、紹介の両方で薬剤師の転職を助けてくれます。またプライバシーマークも取得しているので、転職活動中に個人情報が洩れる心配もなく、安全にツルハドラッグの求人を探せます。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬キャリは東証一部上場のエムスリーグループが運営している薬剤師専門転職サイトで、求職者が理想とする働き方を応援してくれます。たとえば年収650万円以上の高給与求人や土日休みで残業なしのプライベートを充実させられる求人、産休・時短などがあって子育てがしやすい求人などが見つかります。ツルハドラッグは産休・時短がある会社なので、こちらのサイトと相性がいいかもしれません。また薬剤師未経験者やブランクの長い求職者でも歓迎してくれます。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師は5万件近い求人総数を誇っており、それらの求人から薬剤師専門アドバイザーのサポートを受けながら理想の職場を選ぶことができます。求人は給与や勤務条件を比較でき、応募先にしづらい質問や交渉はアドバイザーが代わりに行ってくれます。マイナビは全国に14つの拠点を持っているので、どの地域の薬剤師転職でも万全のフォローを提供します。全国にチェーン店舗を持っているツルハドラッグの求人を探すにはもってこいです。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
薬剤師転職ドットコムは非公開求人に特化したサイトで、ここを利用する薬剤師の多くは非公開求人で転職先を決めています。非公開求人は待遇が優れていたり、重要なポストの求人だったりすることが多く、好条件で薬剤師転職がしたい人にぴったりです。またインターネットで一般公開されている求人は全体の求人の一部であり、非公開求人の方が高い割合を占めています。そのため、普通では見つけられないような好条件のツルハドラッグの薬剤師求人も見つかるかもしれません。

ツルハドラッグの薬剤師求人はなぜ人気?

ツルハドラッグは株式会社ツルハホールディングスの子会社である株式会社ツルハが展開するドラッグストアです。ツルハドラッグの薬剤師求人は人気が高いですが、それには様々な理由があります。

たとえば給与が高いことが挙げられます。求人情報ではツルハドラッグは新人で月収27万円程度、管理職で月収60万円程度の給与になっています(一部の手当込み)。また実際にはこれらの月収に手当やボーナスを加えた分が合計収入になります。配属する店舗によってある程度の待遇の差はありますが、ドラッグストアの薬剤師求人の中でもかなり高給与といっていいでしょう。

ドラッグストアの薬剤師求人は、一般的に配属時点の給与は高くても昇給が難しい傾向があります。そのため、最初はよくてもキャリアを積むごとにお金を稼ぎにくくなるものです。一方、ツルハドラッグは新人と管理職の給与に差があることからもわかる通り、経験やスキルなどでどんどん昇給が狙えます。

教育体制がしっかりしていることもツルハドラッグの薬剤師求人が人気の理由です。教育制度は主に2種類で、職能別研修、階層別研修があります。職能別研修では基礎知識を学んだり、認定薬剤師の講座をe-ラーニングで受けたりできます。また管理職になると外国での研修を行えるようになります。このように新人からベテランの薬剤師まで常にレベルアップできる体制ができていると転職者にはありがたいものです。

さらに福利厚生がしっかりしていることも人気の理由のひとつです。たとえば、育児や介護で忙しい人は短時間勤務で済んだり、慶弔見舞金が支給されたり、長期療養期間の収入保証があったりと、勤務者の生活をバックアップしてくれます。年金や退職金の積み立て、社員購買割引といった福利厚生もあります。もちろん上記の教育精度も福利厚生のひとつです。特に育児・介護の短時間勤務の福利厚生は女性転職者に人気です。

それからツルハドラッグはドラッグストアの大手であるため、そのネームバリューから薬剤師求人が人気という側面もあります。やはり転職者としても名前を知っている企業の方が安心感があるので、そこの求人に応募したいと思うものです。

また大手なら企業としての信頼性が高く、長く安定して高待遇で働けるだろうという期待も転職者が持ちやすいでしょう。実際にツルハドラッグはそういった期待に応えるだけの労働環境を提供しているので、なおさら人気が出ているのです。

ツルハドラッグで薬剤師として採用されるためには?

ツルハドラッグの薬剤師求人に応募して採用されるためには、やはりそれなりの準備をしておく必要があります。もちろん採用基準には学歴やそれまでの薬剤師としてのキャリアも関わってくるので、準備といっても限界はありますが、やれることはやっておくようにしましょう。

たとえばどのような準備があるかというと、ツルハドラッグがどのような企業・ドラッグストアであるのかを調べておくことは非常に重要です。なぜなら求人に応募して面接になった時に必ず「ツルハドラッグへの転職を志望した動機」を聞かれるからです。ツルハドラッグのことを詳しく知っていなければ志望動機に具体性を持たせることができず、薄っぺらな内容にしかなりません。そうなると面接官から良い印象を持たれない可能性があるわけです。

ツルハドラッグについてインターネットで調べるのもいいですが、一番確実なのは「直接職場を見ること」です。直接職場を見ておけば面接官にその熱意が伝わりますし、どのような雰囲気の職場なのかがはっきり分かります。特に同じツルハドラッグといえど店舗や地域が違えば当然職場の雰囲気も変わってくるので、特定の店舗の実態を知っておくことはとても勉強になります。

職場を見る際は一般客として行くのもいいですが、問い合わせて見学を申し出るのもいいでしょう。あらかじめ見学を申し出ておけばスタッフをジロジロ見て怪しまれることもありませんし、客が入れないようなところも見せてもらえる可能性があります。

また見学する時は面接・内定前にしておいた方がその職場の「素」を見やすいです。というのも、面接・内定後に見学を申し出ると、職場の印象を良く見せようと店側が打ち合わせする可能性があるからです。その場合、無事に内定が出たとしても、薬剤師として働き始めてから「見学の時とは違う」と転職を後悔する可能性があります。

それから薬剤師求人はコミュニケーション能力を磨くと採用されやすくなります。薬剤師は職場にもよりますが、患者や客と顔を合わせて話をすることもあるので、その際に人当たりが良い方がツルハドラッグでも重宝されます。不愛想にしていては患者や客が気持ちよくドラッグストアを利用できません。

コミュニケーション能力といっても口数が多ければいいというわけではありません。自然な笑顔で必要なことだけ無駄なく話せるのが一番です。面接では緊張するでしょうが、なるべく表情を和らげるといいかもしれません。


Copyright (C) 2018 ツルハドラッグ薬剤師転職ガイド All Rights Reserved.